コンサドーレと日々の咆哮
アウェイ在住コンササポ。日々の咆哮を思うがままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 阪神タイガース

祝 阪神タイガース セ・リーグ制覇。


なんかですね、2年前の優勝のときに比べ、なんとなく盛り上がりに欠けるんですよ正直。
うれしいのはうれしいんですけどね。中学時代からの応援チームですし。


新聞記事とかで、「JFKで勝った」とか見て、ジョアン・カルロスかと、絶対ありえない思い違いをする私は最近ビョーキだと思いますので、10/5西が丘の前、10/1(土)味スタにミドリサックスブルー戦見に行ってちょっと療養してきます。



ジョアン・カルロス、あのオトコは今どこで何してるやら。
スポンサーサイト

携帯から更新2回目

昨日に続き、真夜中の更新です。

私の仕事は恒常的に残業が多く、いかに早く帰るかにいつもアタマを悩ませます。しかし上手く帰れることはほとんど無く、悩みのタネではあります。残業したところでお給料が増える訳でもないので…。

ところで川崎フロンターレの箕輪代表初選出オメ。高さを生かしたプレイが印象的でしたが、精一杯アピールして、この際ずっと居座っちゃうくらい頑張ってください。
月並みですが、早くコンサドーレからも日の丸背負う人材が出てほしい、と思いました。

携帯より初更新

残業終わり、帰宅中。西が丘に行くためにも、今頑張っておかなきゃ…。

やられましたねええそりゃもう完膚なきまで(泣)



うーん。


そりゃ、相手は京都ですからね。
普通のことやったって勝てるはずはないんですがね。


試合後のヤンツーさんのコメントも、なんか今までのコメントとちょっと違う気がするのですが。気のせいでしょうか・・・。


・・・いえ、所用にて試合を見れなかったのでコメントはここまでにします。



しかし。
まだ3クール目が終わったばかり。
「タエガタキヲタエ・・・」と、玉音放送するのはまだ早い。


ええ、私、カラ元気です。百も承知です。
でも、俺らが諦めたらそこで終わりです。


ここから、また始めましょう。

つらいっすねぇ

ブログをはじめてみたものの、
毎日更新するなんて芸当は筆不精の私にはホント難しいですねぇ・・・。
それにひきかえ、J.B.Anntenaに登録されている方々は本当にすごいですね。ほぼ毎日ですもんね更新頻度が。
見習わなきゃ・・・。


さてしばらく更新してなかった間に、元官房長官の後藤田正晴氏の死去が伝えられました


91歳だったんですね。驚いた。
旧内務省の官僚から警察庁長官、そして官僚組織中のトップと言われる官房副長官に抜擢され、その後政界に転出したようです。
詳しくは佐々淳行さんのドキュメント小説「わが上司 後藤田正晴」に詳しいのでそちらをお読みいただければと思いますが、やはり政界で長年ご活躍される方は、人間のスケールというか、器が違うわ。


「後藤田五訓」というものがあるんだそうです。
その中のひとつに、「積極的に縄張り争いをせよ」というのがあるそうです。
これは何もヤクザの世界の話ではなくて、「これはうちの仕事じゃない」とか「うち関係ないわ」とか言って触らなかったり、誰かに任せたりとかじゃなく、積極的に自分の仕事であるという意識をもって取り組め、ということのようです。


このことは官僚組織の中での話だけでなく、一般社会、なかんずくサッカーの試合でも同じことが言えるんじゃないかと思います。
思い出してもムカつきますが、厚別での鳥栖戦は、うちのDF陣が「あぁもうライン出るわ」とか、「林が何とかしてくれるわ、アゴで」とか思ったからこその、あの林のありえない凡ミスにつながったわけですし、反対に新居は最後まで諦めなかったからこそ、自分の仕事として認識していたからこその前半の得点だったわけです。


明日は西京極の京都戦。
技術だってまだまだなのに、普通にやって勝てるはずありません。
ただ絶対に勝てないかと言うとそうじゃないと思います。
技術が足りなければ気合で相手を上回ることができれば、無様な試合にはならないと思います。
こんなときに所用のため、京都までいけないのが本当に残念ですが、
選手の皆さん、そして西京極へ参戦する方々は頑張ってきてください。


別方面(万博方面)ではこんなこともあるみたいですね。
サポの頑張りという観点からの報道はあまり見ないので、ぜひ北海道新聞さんも札幌サポを記事にしてあげてください。

うーん・・・

負けましたか。


試合を見てないのでわかりませんが、外国人のいる福岡はやはり強かった、ということですかね。


うちのカミさん(ジュビサポ)は、「厚別で負けるなんて・・・。ホームでしょ?ありえないよね?」と言いながら、人の顔の前で親指をさかさまにして挑発してました。


ナンダトコノクソババァ!

選手は頑張ってるんじゃ!
けが人が多いから本来の力が発揮できないだけじゃ!


そもそも室蘭出身のクセにコンササポじゃないのもありえないし、かつ結婚してから体重がうなぎのぼりのオノレのほうがありえないんじゃボケ!




・・・と、面と向かって言えたらどんなにいいことか。orz
気の弱い、家庭内地位も低いダンナの咆哮でした。





ただ、清野がゴールを決めたのはいい傾向です。
もっと頑張れ。もっと点取れ。


あと、ホームだとこんなこともあるんですよね・・。
娘を持つサポなら多分誰もが考えるでしょうね。
ドールズに!って。


あ、うちはドールズでなく、なでしこ狙ってます。(超親バカ)

衆議院議員総選挙とコンサドーレと

なんだかんだいって鳥栖戦敗戦のショックで更新できなかった、というのは半分当たっています。


日曜日は、衆議院議員選挙の投票日でした。
結果はいろんなとこで報道されているとおり、自民の圧勝。
正直言って、与党が勝つだろうなとは思っていましたが、まさかここまでとは思ってもいませんでした。


民主党は今回の選挙はやはり「党利党略に走ってしまった」のが見えてしまったことが敗因のような気がします。
郵政民営化は、自民よりも何よりも民主党が推し進めていたはず。(建前上)
なのに、反対に回る。
ここで、いつも小泉総理に向かって「説明が足らん」だの何だのといっている割に、反対に回った理由を国会の場で明かさなかったのがまず失敗だったと思います。たとえば対抗して法律案をだすとか。
さらに、郵政で解散したのは誰の目にも明らかなのに、そこを最初は明かさないで争点ずらしをしたように見えてしまったこと。
民主党のいう年金なども、確かに待ったなしの改革が求められていますから、何も間違ったことを言っているわけではないと思います。でも、政党として、政権奪取を目標に掲げるのは当たり前としても、二言目には「やらせろ」だけではそりゃ誰もが離れていきますぜダンナ。性欲旺盛な若造の類ですよ。たとえは悪いですが。


与党の皆さんは、この大勝利に浮かれることなく、いまそして10年後、50年後の日本にとって必要なことは何なのか、そのために今何をなすべきか、をしっかりと見定めた上で、適切な政策選択を行っていただきたいと思います。変なことやらかしたらあっという間に没落するのは今回の選挙の相手方を見れば一目瞭然でしょ。
ということで当方も、今後しっかり監視させてもらいますからね。


さて前置きはこのくらいにして、
本日は山形戦代替試合でした。
試合を見れなかったのでなんともいえないのですが、勝ってほしかった。8月の山形で散々な目にあったサポ達のためにも。


まぁ、今期初の連敗(※9/18訂正:シーズン初めにすでに連敗経験済みでした)となりましたが、まだまだあきらめるのは早い。


5位でしょ?
昨年より7つも順位が上なんですよ?


まだまだいけるでしょ。
選手の皆さんは、下を向いてる場合ではありません。
上を向いていきましょう。


最後に笑うのは俺達だ。

Passage/山崎まさよし


札幌0-3鳥栖


Yahoo!のこちらに載っている、山崎まさよしの「Passage」という歌の詞が、今の気持ちを結構的確に表してくれてるような気がします。


 「あこがれの場所までまだ遠く
  長く轍が続いてる
  時折吹く砂交じりの風に
  細い影が揺さぶられる




 「遠い昔に交わした約束を
  心の隅に置いたまま
  過ぎていくありふれた日常の
  ささいな事を気にしている



 「振り返って目をこらしても
  ここからは遠すぎて


  流れてく雲の途切れた先に
  ずっと消えずあの星があるなら
  その果てに夢を見続けること
  僕はまだ出来るだろうか



なんか今日の試合はどっかで見たことのある人に揺さぶられまくってたような。
昨年散々見せられた、悪いパターンでの負け方(自滅)ですし。
この混戦J2の、そのまた重要な9月の連戦、負けちゃダメなのは当たり前なのですが、自滅はまずいでしょ。
甲府戦のあの気持ちの入った、いい試合は単なるフロックだったのでしょうか?・・・。


等々、
考えれば考えるほど愚痴りたくなりますが、もうこの辺にしときます。
酒も増えるだけですし。
(クラシックがもったいない)


 「流れてく雲が途切れた先に
  ずっと消えずあの星はあるから
  その果てに夢を描き続けて
  僕はまた歩き始める



そうです。
まだ終わったわけではないのです。
日程もつらいですし、他のチームも気合入っているでしょうが、まだ昇格という「星」は見えてますし、「夢を描き続け」る資格はあるのです。
ここからまたさらに、「歩き始め」ていくことにしましょう。

奇跡

最近、「奇跡」という言葉が私の中でのヘビーローテーション、というか好きな言葉の栄えある?第1位です。


昔はさだまさしの歌ぐらいしか思いつくもののなかった(誰も知らないだろうな(^_^;))この言葉ですが、最近ではスガシカオがこのタイトルの歌を歌い、熱闘甲子園のテーマソングにもなり、まだ他にも色々いらっしゃったかと思います。最近の歌をよく知らないのであとは忘れてしまいましたが。


私事ですが、故郷札幌で大学受験のため浪人生活を送っていたころ、予備校で会う中学時代の知り合いには「ホントに大学行くの?」と侮蔑を含んだというかまさにそのまま侮蔑の言葉をよくかけられていました。確かに、私の中学時代の成績は下から数えたほうが早く、高校だって近所のところにはランクが遠く及ばず、片道10キロも離れた町外れのところしか選択枝はありませんでした。
高校で模試を受けても偏差値は30台あればいいほうで、その高校から大学に行くという選択をすること自体が間違っていたのかもしれません。
でも、自分は大学へ行きたかった。
校則ばかりがすんげー厳しく、他のレベルの高い高校では自由を謳歌しているのにランクが低いだけでなんだこの差別は!と今思えば青二才、若いなぁ、という単純な思想から法律を勉強してみたい、と思ったのが始まりでした。

「不可能」「無理」「ありえない」という言葉を何度かけられたかわかりません。
「受かったら奇跡」だ、とも言われたものです。
でも、絶対に合格してやる!という熱い気持ちだけは持ち続けました。
毎日が札幌駅北口にある某大手予備校と自宅の往復だけで、まるで判を押したような生活でしたが、次の年の3月、晴れて第1志望の東京の某大学に合格を勝ち取った時の喜びは今でも忘れられません。


前置きがものすごく長くなりましたが、何が言いたいかというと、俺らも「奇跡」を信じましょうや、ということです。
いや、「奇跡を起こそうじゃないか」とあえて言いましょう。

誰が考えたって前年度ダントツでJ2最下位のチームが、次の年J1に上がれるなんて信じないし、ありえねぇ、って思うでしょ。
事実、札幌の友人たちに言わせても、「こんさどーれ?・・・うーん、弱いからねぇ・・」とか、「興味ないからねぇ・・、日ハムなら応援してるけど」と、まるで素っ気ない答えしか返って来ませんし。


でも、世の中には「奇跡」ってもんがあるんですよ。
高校野球の北海道代表が甲子園を制覇するなんて、一昔前ではおおよそ考えもつかなかったことでしたが、スカウトに行った中学校の先生方に嘲笑を受けながらも、全国制覇を目標に掲げ必死に夢に向かって努力した香田監督や選手の力がひとつになって、あの奇跡の「津軽海峡越え」の結果に結びついたんだと思います。(しかも2年連続)


俺らだって、出来る。
たとえ誰も信じなくても、俺らサポーターだけは、札幌の勝利を信じ、札幌と共に戦い、共に夢を追おうではありませんか。


そして、44節終了時には、共に「奇跡」を起こそうではありませんか。

チーム一丸となって

今日もゴル裏の面々は元気です


本日は、小瀬にてヴァンフォーレ甲府戦でした。


勝ち点差わずかひとつ。
山形の分がありますから暫定ではありますが、目の上のたんこぶであることは間違いないです。


なんと開場2時間前には着いていたのですが、初めて来た小瀬スポーツ公園をぐるぐる当てもなく回ったりして時間をつぶした後、当日券を買おうとすると、よくゴル裏でお会いする(山形でも車に同乗した)「84番」様にお会いしました。
なんでも、回数券を買うと一人当たり1400円ですむとかで、一緒に買いませんか、とのこと。
そりゃもちろんですとも、ええそりゃもう、ということで、ちゃっかりと前売りよりも安い金額で入場できました。
(84さん、ありがとうございます!・・それ以前に、北海道から毎週のようにアウェイに参戦してしまう84さんの行動力に頭が下がりますホント)


札幌サポも、本日は気合が入っています。


・・・ていうか、今日のゴル裏の雰囲気はちょっと違う。
笠松の時と明らかに違います。
人数は多いのは日曜ですからまぁ当然として、なんか、「今日は絶対負けねぇ!」という雰囲気(オーラ)が漂っているんですよ。
こりゃもしかするといけるかも。


試合は、開始早々5分に三原のゴールで先制!
幸先いいです。


しかも、なんかバレーが変な感じで倒れてる。3回も。
こりゃおかしいぞ、と思ったら、交代。
あれ、膝をやっちゃったんじゃないでしょうか。大変ですね甲府も。この大事なときに。


そんな人の心配してる場合ではないので、試合に集中です。
今日は、中盤がうまく機能してます。
岡田・和波のサイドもよく動いてます。
いやマジおもしれー!!


甲府は長谷川と須藤の2トップになりましたが、正直あまり脅威は感じませんでした。
というのも札幌DF陣の体を張ったプレーのおかげなんでしょうけど。
いやはや、そんなこんなで前半終了。

続きを読む

早いもんだ

早いもんで、もう9月です。
コンサは明日、小瀬で甲府戦です。


最初はいく予定にしてなかったんですが(オイオイ)、暫定とはいえ4位につけ、かつそのひとつ上にいる甲府ですから、行かないわけにはいきませんね。

しかも、甲府にはまたしても藤田がいない
前回厚別での対戦では、テレビ観戦でしたが、前半藤田にいいように動かれまくってケチョンケチョンにされていた記憶がありますので(池内GoodJobでした)、私個人的にはは甲府の点取り屋2トップより脅威に感じてました。

こうなったらやはり勝つしかないでしょ。
引き分けなんて悠長なこと言ってられません。
頑張ってください。

カテゴリー

プロフィール

なべひで

Author:なべひで
性別  ♂

ちょっと詳しいプロフはこちら

故郷札幌をホームタウンとするコンサドーレ札幌をこよなく愛しています。あと、北海道日本ハムも少し。
(実は阪神タイガースの長年のファンでして・・。)

無料ホームページ ブログ(blog)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

My favorites

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。